<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目

安全と言われているレーシックですが、実際には非常に僅かな確率なのですが、感染症や合併症が起こっています。
また視力が想像しているよりも回復しなかったり、元々の視力に戻ってしまったという失敗例が報告されています。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。
レーシック手術をする以前にはサポート体制がしっかりと整えられている病院を探すことが大切です。
中には定期健診や再手術を無償で実施してくれる病院もあるので比較サイトなどで探してみると良いでしょう。

 

レーシックにおきましては技術や経験も大切なことの一つですが、しっかりとサポート体制がされている病院が重要です。
「ここの病院なら信用してレーシックを受けることが出来る」というような病院をまずは見つけましょう。



<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目ブログ:07 7 2018

みなさんは
パパとキャッチボールをした経験はありますか? 

まだプレイステーションもDSも無かった時代、
子どもの遊び場と言えば公園や空き地であり、
サッカーもそれほど人気がなく、
仲間が集まれば、始まるのはいつも野球でした。

そして、
週末のパパとのキャッチボールは格別のものでした。

パパの投げる球は、
子どものそれとは違い、ズシンとグラブに響きます。

そして、どんなに速い球を投げても、
また、ちょっとくらいヘマをしても、
難なくさばかれてしまいます。

蝉時雨の中、夏の公園で汗だくになりながら、
あるいは、秋の夕風が吹き抜ける路地で白いボールが見えなくなるまで
パパと子どものキャッチボールは続いたものです。
 
思えば、
いつからそんな遊びをしなくなってしまったのでしょう? 

俗に言う不倫という事件を契機に、
家族の元を離れて行ったミーのパパ…

パパの不倫によって、
他人には到底想像も出来ないような苦しみを味わった
ママと姉は、
パパのことを散々憎みましたが、
最近ようやく心穏やかに暮らせるようになったと言います。

そして、たとえ家族の元にもう戻らなくても、
別の場所で幸せに暮らして欲しいと願えるようになったと…

ママと姉が苦しみの中にあった時、
能天気に留学生活を送っていたミーには、実体験が無いせいか、
不思議にパパに対する憎悪の念はありません。

むしろ、早く悔い改めて
かつてのパパに立ち帰って欲しいと願っています。

ミー達親子は
二度とこの地上でキャッチボールをするということは無いでしょう。

しかし、
たとえこの地上において家族として共に集うことが出来なくとも、
せめて天国で
パパに再会できればと祈らずにはいられません。