<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。
レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。

 

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

LED投光器
http://www.i-sss.jp/
LED投光器



<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシックブログ:15 7 2018

ぼくがまだ小学校二年生の時、
普段無口な父が珍しく
ぼくを花火大会に連れて行ってくれました。

それまで、
父と二人だけで出掛けた事はなかったと思います。

たち並ぶ夜店にぼくの視線は奪われっぱなし…

もし一緒にいたのが父でなかったら
「あれがほしいこれがほしい」と、
店の前で地団駄を踏んでいたはずです。

でも父の前ではなぜか
それが出来ませんでした。

しかし、グッと堪えていたぼくの足を
ピタリと引き止める物に出会ってしまったのです。

それは、
赤や青 黄色に緑…と着色されたヒヨコでした。

目を輝かせ一心不乱に見つめていた
ぼくの心の声が聞こえたかのように、
父はニッコリ笑って言いました。
「何色が良い?」
ぼくは緑のヒヨコを買ってもらいました。

ぼくは一生懸命ヒヨコの世話をしました。
ヒヨコは大きくなるにつれて色はなくなり、
普通の鶏になりました。

それでも飽きることなく
ぼくは世話を続けました。

そしてある10時、
ぼくが鶏小屋に行ってみると、
小屋の隅に真っ白な卵がありました。
嬉しくなったぼくは卵を手にみんなに見せて回りました。

「お前が頑張って世話をしたから産んだんよ」
そう言って、祖母が卵かけご飯を作ってくれました。

それまで食べていた卵かけご飯に比べると、
甘味があって、最高に美味しく感じたのを覚えてます!

数年後、
祖母が亡くなって10日ほどが過ぎた夕方飯のときでした。

卵をたった一つしか産まないまま、
近所の養鶏所に引き取られて行った…
あの緑のヒヨコの話しになりました。

父は言いました。
「夜店に売ってるヒヨコは全部オスだから卵を生むはずがない」
ぼくは驚きました!

あの日の卵は
一生懸命に鶏の世話をし続けたぼくを悲しませまいと、
祖母がこっそり置いてくれたものだったのです。