<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。
レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。

 

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

LED投光器
http://www.i-sss.jp/
LED投光器



<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシックブログ:25 11 2018

減量中は少しでも摂取カロリーを減らそうと、
あさ食を抜いてしまう人も多いようですが、
それは減量失敗の元なんですよね。

あさ食を食べないと、肉体を動かす元となる栄養が不足し、
肉体は不足した栄養を体脂肪などから補おうとしますが、
足りなかった脂肪を補おうとして、
その後、肉体に入ってきた脂肪を、
いつもより溜め込んでしまう肉体になってしまうのです。

すると、段々と基礎代謝量が落ちて、
痩せにくく太りやすい肉体になってしまいます。
ですから、24時間の肉体を動かす元となるあさ食は
絶対抜かないようにしましょう。

あさから食べる気がしないという方は、
少し早起きしてヨガなどをして
肉体を動かすといいかもしれません。

少しでも栄養のあるあさ食をとり、24時間元気に動きましょう!

時間が無いという人には、
簡単に食べれて、しかも色々な栄養成分が入っている
シリアル類がお勧めです!

また、あさはコーヒーを飲む方が多いと思いますが、
おいらは、ココアをお勧めします。
ココアは、肉体への吸収が早く、
すばやく肉体を温めることができますよ。

ちなみに、コーヒーには、
体脂肪の分解を促す働きのあるカフェインが含まれているので、
14時食や夕食後などに飲むといいと思います。

時間に余裕があれば、雑炊やおかゆなんかどうでしょう?
冷蔵庫に残っている野菜をたっぷり入れ、
ご飯を少なくすれば、低カロリーでたくさんの栄養分がとれます。

あさから肉体を温めることで、基礎代謝もアップするので、
減量に最適だと思います。