<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。
レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。

 

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

LED投光器
http://www.i-sss.jp/
LED投光器



<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシックブログ:18 9 2018

体脂肪を落としたいのであれば、
夕方食は低カロリーにする必要があります。

よくダイエットをするのに、
9時とお昼は抜いて
23時たくさん食べるという人がいますが…
これは間違ったダイエットのやり方です。

9時とお昼を抜いた分、
脳が次に食べる事を摂った時に
カロリーをたくさん貯えようと働きかけるので、
結果的に、逆に体脂肪が増えてしまうのです。

それに、夕方食を食べる時には、
スープやお味噌汁などの汁物から食べましょう。

水分を先に摂ることで、腹が満腹感を感じます。
で、食べる事を低カロリーに抑えることができるんです。
インスタントのお吸い物やお味噌汁、スープなどでもかまいません。
食べる事には、必ず汁物をつけるようにしましょう。

できれば、
野菜たっぷりのポトフや
お豆腐を中心とした具だくさんのお味噌汁などをつけると、
たんぱく質や食物繊維も摂ることができて、一石二鳥です。

また、お鍋も低カロリーですから
ダイエットにはいいですよ。

どの料理よりも熱いですし、
調理しながら食べるので、食べる事に時間がかかりますよね。
食べる事の時間が長くなれば、低カロリーの食べる事でも
満腹感と満足感を感じられます。
野菜とお豆腐をたっぷり入れた韓国のチゲ鍋なんて、いいですね。

それから、夕方食を低カロリーにするためには、
肉類より魚類を多く食べるように心掛けるといいでしょう。

魚にはDHAという成分が多く含まれていて、
コレステロールの低下なども期待できます。
もちろん、脂肪分が肉類に比べて低いということも、理由の一つです。