<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。
レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。

 

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

LED投光器
http://www.i-sss.jp/
LED投光器



<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシックブログ:11 11 2018

今日は、コーヒーを飲みながら、書いてます。

食べ物が豊富にある時代ですので、
「もったいない」の精神は大切なこととは思いますが、
減量に関しては、別問題じゃないでしょうか?

せっかく減量しているのに、
娘が食べ残したものなどが「もったいない」からと、
食べてしまっては意味がありません。

また、娘のおやつの時間に
ついつい一緒に食べてしまったりしていては、
1日の総カロリーは簡単にオーバーしてしまいますよ。

手持ちの服がきつくなってしまい、
新たに服を買い換えたりするのも
「もったいない」ですよね。

また、
減量のために高額な減量商品を購入したり、
エステサロンに通ったり、ジムへ通ったりすると
どんどんお金がかかることになります。
これも「もったいない」話ですよね。

太って体重が重たくなると、
歩くのが面倒になりがちです。

そうするとだんだんと脚が弱り、
歩くことができなくなり、更には通院にタクシーを利用したりで
お金もどんどんかかることになり…
悪循環に陥ってしまいますよね。

子供のために料理をたくさん作って
食卓をにぎやかにしようと思っている方も多いと思いますが…

たくさんの料理を全部残さず食べることは、
決して減量に良いわけではありませんし、
体にとっても負担になるばかりです!

生活習慣病や糖尿病などになってしまっては大変です。
多額の医療費もかかりますしね。

子供が満足できる量をつくれば、
なにも余るほど作ることはないと思います。

「もったいない」からと食べ過ぎて
減量に失敗するほうが、よっぽど
「もったいない」ことですよ!

応援クリックしてね・・・プチ