<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック


<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。
レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。




<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシックブログ:03 4 2019

小さい頃、
ボクはよく怪我をしていたらしい。

自分では記憶に無いが、
ブロックの壁に向かって笑いながら突っ込んで行ったり、
自転車の車輪に足を突っ込んで怪我したり…

いつもお姉さんやお兄ちゃんと遊んでいたのだが、
怪我をするたびに
長女であるお姉さんが母に怒られていたらしい。

だいたいそう言う話が始まると、
お子さんの頃のビデオの話になる。

ビデオには、
小さかった頃のボクたちが、
楽しそうに遊んでいる姿が映っている。
それを楽しそうに撮り続ける母。

ブランコから落ちたお子さん…
それを楽しそうに撮り続ける母。
滑り台から落ちたお子さん…
それを楽しそうに撮り続ける母。

どんなに泣き叫んでも、
誰も駆け寄ってくることは無く、
お子さんの泣き声とともに母の笑い声が…

見るたびに
「普通、親は子供がブランコから落ちて泣き叫んだら
走って抱きかかえに行くんじゃないの?」と、
母に問いかける。

すると母は、
「ちゃんと自分の力で立ち上がってほしいから助けに行かなかったのよ。
それに、あの姿を見ているのが楽しかった!」
と笑いながら言った。

こんな母に育てられたせいなのか
残念なほどにその気持ちがすごくわかってしまう…

おかげでそんな話も笑って話せるように育ったし、
精神的にも丈夫に育った気がする。

今では
全然見なくなったビデオは
ホコリをかぶっていてまともに映るかどうか分からないが、
ボクはたまに見たくなるときがある。

時々でいいから、
こんな話を笑って話し続けることができたらいいなって思う。

その度になんだかホッとするから…
その度にこの両親のお子さんでよかったなって思えるから…

笑い声の絶えないこの家族がボクは大好き!
パパと母に心から感謝!!
<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

★メニュー

<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高い
<レーシックガイド>割引制度を利用してレーシック手術
<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術
<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか
<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目
<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活
<レーシックガイド>手術なので確実に成功するとは限らない
<レーシックガイド>レーシック治療の実績数は要チェック
<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック最新情報配信ステーション