<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック


<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。
レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。




<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシックブログ:17 2 2019

せっかくトレーニングをするなら、
無理なく、効率よく身体を鍛えられるとうれしいですよね。

さらに気持ちがよくて、楽しければもっといい…

そこでおすすめなのが、温水プールでのトレーニングなんです。

「プール=泳ぐ」と考えてしまいがちですが、
ただ水中で手足を動かしたり歩いたりするだけでも、
水の抵抗によって効果的なトレーニングになります。

しかも、水中では浮力が働くので
腰やヒザなどへの負担は軽く、
故障やケガのリスクは陸上よりも小さいんです。

快適な温度が保たれた温水プールで
ふわふわゆらゆらと身体を動かせば、
心身のリラックスも促されます。

水中では、
腕を前後に動かすような単純な動作でも、
身体にかかる水の抵抗を変えることで、
トレーニングの強度が調整できます。

水の抵抗は、動く速さの2乗に比例して大きくなり、
手の指を揃えてのばしたり、指の間を広げたりすることで
強弱を変化させることもできます。

つまり、トレーニングの強度を高めたければ、
スピーディに、抵抗が強くかかる方法で動けばよいのです。

水中では水圧が働き、
力のある人には強い負荷、弱い人には弱い負荷がかかるので、
身体に無理な力が加わることはありません。
これも水中トレーニングならではの利点です。

さらに、
水中でのウォーキングは効果的な有酸素トレーニングにもなるので、
簡単な水中トレーニングに慣れたら、
少しずつトライしてみるのもよいでしょう。

水中ウォーキングをするときも、
やはり足の動かし方や腕の振り方で、
トレーニング量や鍛える場所を変えられますよ!

まずは、童心にもどって
水と戯れるように、
水中での簡単なトレーニングから始めてみてはいかがでしょうか?

<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

★メニュー

<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高い
<レーシックガイド>割引制度を利用してレーシック手術
<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術
<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか
<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目
<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活
<レーシックガイド>手術なので確実に成功するとは限らない
<レーシックガイド>レーシック治療の実績数は要チェック
<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック最新情報配信ステーション